ごあいさつMESSAGE from JAST

2011年3月11日,私たちの故郷が壊されました。





「東北は日本の台所」と幼いころから教えられて育ちました。

肉,米,魚ととにかく新鮮美味,それに合う酒も絶品。

また様々な製品を支えてきた製造工場や生活に明かりを灯す原発があり,そして何より義理人情に厚い東北人がそこにはいます。

目をつぶれば昔の風景がうかんでくる。今が夢のようです。


親族をなくされた,

車のバックミラーで津波のしぶきを見て車を捨てダッシュした…

毅然と会話をする仕草のなかには,まだ深い悲しみがあります。

しかし,このまま何もしないということは後退を意味します。

生かされた私たちはとにかく元気を増やしたいと思い立ち,“チーム 6+”として集まりました。

メンバーは現在5名。職業や年齢は異なりますが,石巻界隈を故郷に持つ人間と,我々の考えに賛同してくださった方々です。


全員素人の集まりかつ現状兼務の状態ですので何かと至らないところは多分にございますが,このサイトを通じて,思いや希望を運び,具体的なプロジェクトによって少しでも元気を増やせればと思っています。


最後に,様々な被災地域で御支援を頂いておりますボランティアの方々,自衛隊の方々,消防士の方々,警察官の方々,そして海外からの支援団体の方々に心より感謝申し上げます。

また,このサイト構築にたどり着くまで様々なご支援・御協力を頂いており,その温かい心意気に心から感謝致します。


東北復興支援協会 理事一同